失われつつあるドイツの祝祭の伝統

伝統的な祭りは、現在、一方では大々的に観光化されたものもありますが、多くは軽視されて、次第に消滅していく傾向にあります。地方分権の残っているドイツでは、フランス、イギリスなどに比べると、祭りはある程度継承されているとはいえ、時代の流れは、如何としがたく、もう過去のものになった祭りも数多くあります。

しかしながら、祝祭や習俗は、民族の文化遺産として、昔の形をとどめておくことが大切です。ここでは、その意味から、すでに過去のものとされ、またそうなりつつある若者たちの祭りの習俗についても、簡単にふれておきたいと思います。とりわけ若者たちの習俗は、結婚にかかわるものが多いのです。

かつての、祭りは若者と娘の出会いの日であったし、また想いを伝えるきっかけの日でもありました。たとえば、聖ヨハネ祭などに、好きな娘の家の木の枝を飾るしきたりは、ドイツ各地に伝播していきました。また、聖アンドレース祭(11月30日)では、未婚の娘が左の上履きを肩越しに後ろのドアに向かって投げ、その先端がドアにあたると「「今年中に結婚できる」と信じされていたのです。結婚式の日に、ケーキのなかに金の結婚指輪を入れて焼くというしきたりもあり、切り分けた時指輪が当たった娘は、近いうちに結婚できると言われました。

さらに12月21日の聖トーマスの夜、未婚の娘は、3度聖トーマスの名を呼んで、窓辺に向くと、結婚相手の姿がみえると言われていました。また、正月明けの12夜は、一度だけ願い事がかなう日であったので、願をかける人が多かったのです。カーニヴァルの灰の水曜日の夜中、若者が11~12時に家を出て、村の娘に会うと未来の花嫁であれば、バラの花束を差し出してくれるともいわれていました。

次に、土着の民族的な祭りは、かつては、豊穣儀礼であったので、性にまつわる言い伝えも多く面白い。ドイツやポーランドの農耕儀礼のなかには、大地との結婚をシンボル化したものがあります。たとえば、春の種まきの儀礼として、女性が畑のなかを裸で走ったり、大地で男女が交合したりすることが、かつて実際に行われていたのです。これによって、豊かな実りを大地の神に願ったのです。柱という男性のシンボルを、大地という女性に立てる性的な春祭りでありました。またこの、5月祭には、「5月の女王」と「5月の王」のカップルが選ばれて、聖なる結婚が行われ、豊穣が祈願されています。さらには、ヨハネの火祭りには、不妊の女性が裸で火の回りで踊ると、子宝に恵まれると言われてきました。しかし、性を露骨に示すこのようなしきたりは、異教の残滓として教会から攻撃されたり、排除されたりして、次第に廃れるようになってきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です