祝祭

失われつつあるドイツの祝祭の伝統

伝統的な祭りは、現在、一方では大々的に観光化されたものもありますが、多くは軽視されて、次第に消滅していく傾向にあります。地方分権の残っているドイツでは、フランス、イギリスなどに比べると、祭りはある程度継承されているとはいえ、時代の流れは、如何としがたく、もう過去のものになった祭りも数多くあります。

しかしながら、祝祭や習俗は、民族の文化遺産として、昔の形をとどめておくことが大切です。ここでは、その意味から、すでに過去のものとされ、またそうなりつつある若者たちの祭りの習俗についても、簡単にふれておきたいと思います。とりわけ若者たちの習俗は、結婚にかかわるものが多いのです。

かつての、祭りは若者と娘の出会いの日であったし、また想いを伝えるきっかけの日でもありました。たとえば、聖ヨハネ祭などに、好きな娘の家の木の枝を飾るしきたりは、ドイツ各地に伝播していきました。また、聖アンドレース祭(11月30日)では、未婚の娘が左の上履きを肩越しに後ろのドアに向かって投げ、その先端がドアにあたると「「今年中に結婚できる」と信じされていたのです。結婚式の日に、ケーキのなかに金の結婚指輪を入れて焼くというしきたりもあり、切り分けた時指輪が当たった娘は、近いうちに結婚できると言われました。

さらに12月21日の聖トーマスの夜、未婚の娘は、3度聖トーマスの名を呼んで、窓辺に向くと、結婚相手の姿がみえると言われていました。また、正月明けの12夜は、一度だけ願い事がかなう日であったので、願をかける人が多かったのです。カーニヴァルの灰の水曜日の夜中、若者が11~12時に家を出て、村の娘に会うと未来の花嫁であれば、バラの花束を差し出してくれるともいわれていました。

次に、土着の民族的な祭りは、かつては、豊穣儀礼であったので、性にまつわる言い伝えも多く面白い。ドイツやポーランドの農耕儀礼のなかには、大地との結婚をシンボル化したものがあります。たとえば、春の種まきの儀礼として、女性が畑のなかを裸で走ったり、大地で男女が交合したりすることが、かつて実際に行われていたのです。これによって、豊かな実りを大地の神に願ったのです。柱という男性のシンボルを、大地という女性に立てる性的な春祭りでありました。またこの、5月祭には、「5月の女王」と「5月の王」のカップルが選ばれて、聖なる結婚が行われ、豊穣が祈願されています。さらには、ヨハネの火祭りには、不妊の女性が裸で火の回りで踊ると、子宝に恵まれると言われてきました。しかし、性を露骨に示すこのようなしきたりは、異教の残滓として教会から攻撃されたり、排除されたりして、次第に廃れるようになってきました。

 

イタリアの祝祭

お馴染みの長靴型の半島と地中海に浮かぶ島々からなるイタリアは、中世やルネサンスの栄華をしのぶ壮麗な建築や絵画や彫刻など情感豊かな文学や音楽の珠玉な作品
は、現代の私たちに大きく影響を与えて、楽しませてくれる。さらにイタリア人の陽気な気質がさらに繰り広げられる祭りが個性豊かで魅力的なものにしているのは間違いない。

人口の9割近くがカトリックへの信仰を維持しているイタリアでは、キリストや聖母マリア、あるいはさまざまな聖人たちにちなんだ祝日の並ぶ教会が1年のリズムを刻んでいる。

農村地域では、農業を限定する自然のサイクルにそった祭りが多く、また、都市部の祝祭では、歴史や伝統を意識した市民的な性格を持つ者が多い。

山間の街であるアッシジが本格的な春を迎えるころ、聖フランチェスコゆかりの都市では、毎年「春の女王」を選ぶ「5月祭」が開催される。長く暗く厳しい冬の後に訪れる生命に満ちた春を祝福して、1年の豊かな実りを感謝祈念するこうした祭りは、アッシジの以外のたの地域でも見ることが可能である。豊穣の象徴である5月柱を立てる祝祭は、ヨーロッパ各地で広くみられる有名なものだが、イタリアでも地域ごとにさまざまな種類をともなって、ロンバルディア州からシチリア州にいたる山岳地帯に多く広まっている。また、地中海に浮かぶ、小島ファビニャーナでは、5月から6月にかけてマグロを儀式的に解体する「マグロ大漁祭」が開催され、豊漁と安全が祈願される。

秋では、エミリア・ロマーニア州のトリュフ祭やオーストリア国境にほど近いメラーノのブドウ祭りのように、大地の豊かな恵みを感謝して祝う祭りが各地で行われる。祭りのときは、家々や街路にブドウの房や枝があふれ、その中をロザリオの聖母の行列や寓話的な山車の後進が通り、夜にはイルミネーションが光り輝くきれいな祝祭になる。

また、1934年にはじめられたローマ北方のソリアーノ・ネル・チミーーノの栗祭りでは、広場にしつらえれれた巨大なフライパンで焼かれた栗が観光客にふるまわれる。そもそもこの栗はローマ教皇庁に納められていたが、村と城塞を狙ったナルディーニ伯の侵略を村人が阻止してという功績実績に対して、当時の教皇インノケンティウス8世がクリの収穫権利を譲りわたしたのが由来である。この史実にちなんで、栗祭りでは伝統的な衣装に身をつつんで仮装した時代行列が再現されている、馬上槍試合や弓射合戦も行われるようになっている。

 

一方、イタリア南部のモリーゼ州の山村イェルジでは、春秋の季節に小麦祭りが開催される。1805年にこの地域を襲った地震から守ってくれたという感謝で、祭りは今では、聖アンナにささげられ、数多くの麦穂やわらで飾り付けられた人形が村中を練り歩く。この祭りは、もとはキリスト教以前の大地や収穫の神々への信仰と関連があるとされており、土着の信仰が吸収された一例である。

こうして、春や秋には、農漁業に関係の深い祭りが多くみられるのに対して、夏には、歴史的なサッカーや競馬、馬上槍試合など都市国家の伝統を継承する競技的な祭りが観衆を熱狂させる。

また、ロウソクや電飾の光が夕闇の中に街並みを浮かびあがらせるピサやルッカの幻想的な「光の祭典」も有名で、欠かすことができない夏の風物詩である。さらにヴェローナやローマでは、野外の古代遺跡を舞台にオペラが上演され、ヴェネチアでは隔年でビエンナーレ(2年に1回開かれる美術展覧会)が開催されている。こうした新しいイベントも今では、夏を彩る新しい恒例行事となっている。