ヨーロッパ祝祭の原点・由来・起源


ヨーロッパの祝祭の起源や由来として、キリスト教の祝祭が広がる以前の民間伝承や土着信仰に対する理解が欠かせない。

古代より、人間を取り巻く世界は、神と悪魔によって支配され、生と死、幸福と不幸は、それらによって左右されていたと考えられていた。ケルト民族の文化を継承しているハロウィン仮装にみられる象徴的な神、聖霊、祖霊、善霊または悪魔、魔女、悪霊、妖怪、幽鬼、悪鬼などの神秘的なものと魔性の世界に属する概念が登場している。そのために、長い長い経験のもとに祝祭・祭事を催すことによって、安全を祈り、厄災から身を守ったのである。農耕社会の自然のリズムに合わせた儀礼はすべて、そうした祈りの祭事祝祭であり、ある特定の日に、定められた行事を行うことによって、初めて効果が生まれたのである。

時代とともに、キリスト教が伝えられ、唯一の超越神をいただき、絶対主義を貫こうとするキリスト教にとって、それまで崇められ、恐れられてきた神や悪魔はすべて邪悪なものとして排除しなければならなかったのである。こうして古い宗教は異教とみなされ、神々の全てが悪魔として激しく排斥されるようになったのである。しかし、キリスト教の異教との闘いは想像以上に困難であり、共存する時代が長く続いた。そこで、教皇グレゴリウス1世(540年~604年)は、古い宗教の祭事・祝祭が行われた同じ場所に教会を建てる命令を出すことによって、改宗を容易にしようと考えた。当初、教会の態度は、寛容であり、グレゴリウス1世は、「布教地における慣習順応」を採用して、「異教徒の祝祭を、キリスト教の祝祭へと変えることを急いではいけない。それどころか、多くの点で異教徒の祭事を模倣しなければならない」と布告し、古い宗教の祝祭をキリスト教の中に取り入れたのである。

やがて、1300年を境として「魔女裁判」に見られる狂言的な異教徒弾圧の時代が訪れた。その時期は、ちょうどヒューマニズムを唱えるルネサンス運動の起きたときでもあったが、古い宗教の神々を排斥する点ではキリスト教の立場と変わることはなかった。こうして、中世末期から近代にかけて、民間信仰は息絶え絶えになり、いわゆる神々の黄昏が訪れてたのである。

しかし、これらの運動は一般に言われるように民間信仰の決定的な消滅につながらなかった。すでに冬の行事のように、たとえキリスト教の祝祭のなかに組み込まれたとはいえ、祖先の育んだ信仰が今も脈々と生き続けていることがわかる。とくに、都市と隔離された文化の後進地域であった農村部、また山岳地帯では、農民は厳しく規制された共同体のなかで生活をしなければならなかったし、自然環境が共同体という組織を必要としたのである。だからルネサンスによる個人主義の発達も彼らにとって、有害ではあってもおよそ関係のないことで、最大の関心事は、豊かな収穫であり、そのためには昔から続けられてきた農作業の節目に行われた祭事をすることであった。農民の古くからの習俗が守られさえすれば、彼らの信じる神々がキリスト教に置き換えられたとしてもあまり問題にはならなかった。

こうして、現在の年中行事のほとんどは、キリスト教の歴によって運ばれているが、その起源がほとんど民間の祝祭につながることを考えると、キリストの名目だけがのっかているに過ぎないと言える。農民は、教会に詣で、祭りの主役がキリスト教に仕える聖職者になったと言え、昔と同じように仮面をつけ、樹皮やわらで仮装をして、木を立て、踊りあかし、丸太を引き、冬を埋葬し、あるいは、処刑する習慣が続けられてきたのである。

さらに社会構成の面からも民間信仰が生き続けたことがうなづけるだろう。当時、人口の8割近くが文字も読めない農民であった。ヨーロッパ文化の基礎を支えたキリスト教もルネサンス運動も、社会の表層から生まれ、伝えられてきたものであり、底辺に生きる一般農民にとっては、理解できない無縁なことだった。この高度な、人文主義が農村社会に浸透するには、長い時間と努力が必要であった。

さらに、ナチズムをはじめ、政治的あるいは非政治的にも、民族意識の高揚のために、また、教会に対抗するために古い習俗が利用されたことも、民俗文化を消滅から救う結果となった。

古い土着信仰や民間信仰の祝祭の名残りは、ハロウィンの祭りに見られる。仮面や仮装の意味合いはほとんどなく、ただの商業的な祝祭となっているが、不可思議な神秘的な祭りとして、非常に参考になる。現代の秋のハロウィンシーズに見られるように、神、聖霊、祖霊、善霊または悪魔、魔女、悪霊、妖怪、ゾンビなど様々な種類のハロウィン衣装を見ると、古代ヨーロッパの祝祭の比較や参考になる。なによりも時間の感覚が統合されて、現在と過去が一緒に混在する感覚になり、陰と陽、現在と過去、新と古などの概念を持つ祝祭になっていて面白い。祝祭の起源や由来を研究する上で理解に役立つものになる。是非参考にされると良いだろう。また、スイスやティロルなどのアルプス地方の辺境地を訪ねると、古代から継承されてきた仮面の習俗が今でもみられる。ケルト民族の末裔が住んでいて、先祖霊や豊穣儀礼と密接に結びついていたのである。

失われつつあるドイツの祝祭の伝統

伝統的な祭りは、現在、一方では大々的に観光化されたものもありますが、多くは軽視されて、次第に消滅していく傾向にあります。地方分権の残っているドイツでは、フランス、イギリスなどに比べると、祭りはある程度継承されているとはいえ、時代の流れは、如何としがたく、もう過去のものになった祭りも数多くあります。

しかしながら、祝祭や習俗は、民族の文化遺産として、昔の形をとどめておくことが大切です。ここでは、その意味から、すでに過去のものとされ、またそうなりつつある若者たちの祭りの習俗についても、簡単にふれておきたいと思います。とりわけ若者たちの習俗は、結婚にかかわるものが多いのです。

かつての、祭りは若者と娘の出会いの日であったし、また想いを伝えるきっかけの日でもありました。たとえば、聖ヨハネ祭などに、好きな娘の家の木の枝を飾るしきたりは、ドイツ各地に伝播していきました。また、聖アンドレース祭(11月30日)では、未婚の娘が左の上履きを肩越しに後ろのドアに向かって投げ、その先端がドアにあたると「「今年中に結婚できる」と信じされていたのです。結婚式の日に、ケーキのなかに金の結婚指輪を入れて焼くというしきたりもあり、切り分けた時指輪が当たった娘は、近いうちに結婚できると言われました。

さらに12月21日の聖トーマスの夜、未婚の娘は、3度聖トーマスの名を呼んで、窓辺に向くと、結婚相手の姿がみえると言われていました。また、正月明けの12夜は、一度だけ願い事がかなう日であったので、願をかける人が多かったのです。カーニヴァルの灰の水曜日の夜中、若者が11~12時に家を出て、村の娘に会うと未来の花嫁であれば、バラの花束を差し出してくれるともいわれていました。

次に、土着の民族的な祭りは、かつては、豊穣儀礼であったので、性にまつわる言い伝えも多く面白い。ドイツやポーランドの農耕儀礼のなかには、大地との結婚をシンボル化したものがあります。たとえば、春の種まきの儀礼として、女性が畑のなかを裸で走ったり、大地で男女が交合したりすることが、かつて実際に行われていたのです。これによって、豊かな実りを大地の神に願ったのです。柱という男性のシンボルを、大地という女性に立てる性的な春祭りでありました。またこの、5月祭には、「5月の女王」と「5月の王」のカップルが選ばれて、聖なる結婚が行われ、豊穣が祈願されています。さらには、ヨハネの火祭りには、不妊の女性が裸で火の回りで踊ると、子宝に恵まれると言われてきました。しかし、性を露骨に示すこのようなしきたりは、異教の残滓として教会から攻撃されたり、排除されたりして、次第に廃れるようになってきました。

 

スコットランドのイギリス分離独立住民投票が行われた文化や歴史の背景とは?

今、話題になっているスコットランドは、まさにケルト民族が住み着いてきた地域であり、今回のイギリスの独立分離の住民投票が2014年9月18日に行われた。その投票率は、98%で過去最高になり、428万人が投票した。その結果、反対派が50パーセントを上回り独立が否決されることになったが、今回で、よりスコットランドにかつてからある問題意識が表面化されたものであった。スコットランドの独立賛成派を率いるサモンド党首は、イギリスに残留してもスコットランドの権限が拡大されることを期待している。

そもそもスコットランドが独立を望む背景には、経済的な利権や歴史や文化などの要因が複雑に絡まっているもので、経済的な視点だけでなく、文化的な歴史を知らずして、この問題を全体的に知ることはできない。そこには、アングロサクソン民族とケルト民族の対立の文化・歴史がある。また、北アイルランドでは、カトリック教徒とプロテスタント教との対立の歴史がある。

実際には、日本人がおもっているような民族がまとまった1つの国とは、イメージが程遠いものである。現地の人にとっては、スコットランド地域とイングランド地域は、全く異質であり、文化も言語も全く違っていた歴史がある。スコットランド人やウェールズ人は、
イングリッシュと呼ばれることを非常に嫌う。明確なアイデンティティーの違いがあるのである。

我々が一般的に認識している「イギリス」の国の正式名称は、「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」」であり、イングランドというのは、その1地域にしか過ぎない。イングランド地域の住人をイングリッシュと呼び、その訳語がイギリス人である。本来ならば、スコットランド人やアイルランド人を含めるのであれば、「ブリティッシュ」英国人である必要がある。

ではどうして、イギリス人とスコットランド人との間に、分離が起きて、確執が生じたのだろうか?それは、そもそも文化も言語も全く違っているからで、お互いを外国人と思えると行ってもいいぐらいなのである。
「イギリス人」の歴史やルーツとしては、彼らは、アングロサクソンと呼ばれ、5世紀ごろから、数次にわたって、ヨーロッパ大陸北部から渡来してきた人たちの子孫であり、低地ドイツ語から派生したサクソン語を話し、このサクソン語に、ラテン語のノルマン・フレンチが混ざって、1106年に現在のフランス西北部からノルマン人が侵攻してきて征服王朝を立てたのだが、その時、英語が完成されたのである。

これに対して、「スコットランド人」「ウェールズ人」の大半と「アイルランド人」は、紀元前7世紀に渡米したとされるケルト民族の子孫である。つまり、紀元前からケルト人の土地であったブリテン島に、5世紀になって、アングロサクソン族が侵攻してきて、西武の中心地、すなわちイングランドを征服してしまったので、やむを得ず、ケルト人たちは、西部のウェールズやイングランドの北部辺境に追いやられてしまったという歴史がある。これは、ケルト民族人にとっては、イギリス人はケルト民族の土地を奪った、侵略者とも言えるのである。日本でわかりやすい例として、アイヌモシリと呼ばれていた土地に、南方から倭人が渡ってきて「北海道」にしてしまったようなものである。

ブリテン島においては、アングロサクソンの支配的立場が確立し、その民族的特徴が白い肌、長身、青い目というのが「イギリス人」の典型的なイメージであり、「ケルト民族」の特徴と言えば、アングロサクソンよりも小柄で、髪や目の色が濃いとされている。

ケルトの原点としては、1神教ではなく、森には妖精が住み、動物には、みな霊が宿り、生命の転生を繰り返すと信じられていた。原始仏教のようであり、日本古来の宗教感と似ている。宮崎駿の「もののけ姫」の世界がまるでケルト民族の原点を表現しているように見える。文字を持たない文化だったため、謎が多いが、ヨーロッパ全土に大きく影響をあたえているのは間違いがない。